ビジネスホン電話機の増設

 埼玉でもサクラが咲きはじめています。この季節に新人さんが入社される会社も多いことと思います。新人さん用の新しい机や椅子とともに、電話機を増設しようと考えられている会社もあるのではないでしょうか。

 ビジネスホンの場合、電話機を増設するには次の点に注意していただく必要があります。
(1) 主装置に接続できる電話機があるか
(2) 内線用ユニット(インタフェース)があるか
(3) 主装置から電話機までの配線があるか

 (1) に関して、お使いになっていない電話機をお持ちであれば問題ありません。そういった電話機がない場合は手配が必要です。ボタン電話機の場合には主装置に接続できる電話機が決まっていますので、ボタン電話機ならどんな主装置にも接続できるわけではないことにご注意下さい。

 (2) に関して、電話機があっても主装置と電話機を接続するにはユニット(インタフェースとも呼ぶ)が必要になります。2回線用のうち1回線分しか使用していないということもありますので、ユニットが必要かどうか、必要な場合は主装置にそのユニットを装着する空スロットがあるかどうかを調べる必要があります。

 (3) に関して、主装置に装着したユニットとボタン電話機を結ぶ配線も必要です。使用していない電話線が近くまで来ていればそれを利用することもできますが、そのような線が無い場合は配線工事が必要になります。

 増設をお考えでしたら、弊社にご一報ください。ご連絡はこちらへお願いいたします。