IP電話

IP電話とインターネット電話が混同して使用されている場合が見受けられますが、狭い意味では、IP電話とは専用のバックボーン(専用回線)を使用しているもので一般の電話機が使用可能なもの、インターネット電話とはメールやホームページなどの一般インターネット回線に音声データを流す電話を指します。

IP電話の専用バックボーンのことをVoiP基盤(IP電話用設備のこと)と呼びますが、すべてのプロバイダ(ISP - インターネット・サービス・プロバイダ)が自社でVoiP基盤を有しているわけではなく、他社のVoiP基盤を利用してIP電話サービスを行っているプロバイダがほとんどです。IP電話同士の通話はどんな場合でも「無料」と思われている方も見受けられますが、多くの場合、同じVoiP基盤を利用しているIP電話間の通話料のみ無料となっています。すなわち同じプロバイダのIP電話でも、複数のVoiP基盤でIP電話サービスを行っている場合は、無料にはなりません。

たとえば、本社支店間の通話をIP電話で行うことでコスト削減を目指す場合、お入りになられているプロバイダや、IP電話のVoiP基盤はなにかをお調べになることをお勧めいたします。

IP電話の導入に関しましても弊社にご相談下さい。こちらからお気軽にどうぞ。